ラブライブサンシャイン! 沼津巡礼2日目

昨日の続き。沼津巡礼2日目です。
と言っても、書く量は1日目ほどはないけどな?

んーと、宿に関しては飛ばして内浦から書き始めてもいいんだけど、
折角なので月羊が泊まった旅館も紹介しておきましょう。


■伊豆長岡温泉 小松家 八の坊

伊豆長岡と内浦の中間あたりにある宿。
かなり古くからある老舗旅館で、外には足湯もあります。
ロビーに入ると仄かに線香のかおりが。なんというかお寺さんに来たような気分。

月羊が案内されたのは3階の和室。10畳くらいでしたかね。
最初から2組分の布団が敷いてありましたが、それでもまったく窮屈さを感じない広さでした。
お値段は、夕食なし朝食ありで11500円/人+入浴税。施設が古い分、リーズナブルな値段での提供を心掛けているそうです。
温泉は室内と露天の2箇所。露天風呂の方はちょうどいい温度でした。
こんなところでも社畜話で盛り上がれるのは1年半前とまったく変わってねぇな。

さて、二日目。
なかなか起きない羊を叩き起こして、まずは朝食で腹ごしらえ。
和食いいよね。アジの開きは嬉しい。
部屋に戻ってすぐ出かける準備。8:30には旅館を出ました。

ここから内浦まで2.5kmほど歩く予定でしたが途中で問題発生。
歩道のないトンネルを通るわけにもいかず、トンネルの手前からバスを利用するプランに変更。
ただ、このとき乗ったバスがラッピング車だったので、ある意味ツイていると言えばツイてる。
2区間だけ利用して下車。目の前はもう海。
c0219090_21190000.jpg
朝の内浦は波も穏やかで天気も良く、小さな漁村といった雰囲気でした。湘南、瀬戸内とはまだ違った海で面白い。
潮風を感じながら2日目の巡礼開始。
まずは10時オープンの松月さんに並ぶ。


■和洋菓子・喫茶 松月
c0219090_21244476.jpg
「みかんどら焼き」が有名なお菓子屋さん。ショーケースに並ぶ和洋菓子はすべて手作りというから驚き。
開店前から列ができていた割にはテイクアウトのお客さんが多くて、普通に店内の飲食スペースを利用できました。
辺りに視線を向けると、手描きイラストや様々なグッズが目を楽しませてくれます。
c0219090_21264873.jpg
c0219090_21261193.jpg
c0219090_21270763.jpg
もちろん、注文したみかんタルト(380円)も爽やかな風味でおいしかったです。
こちらは沼津Walkerにもオススメとして載っているので是非!


■安田屋旅館、三津海水浴場
c0219090_21340543.jpg
c0219090_21341986.jpg
松月さんを出て県道を南へ数分も歩くと、安田屋旅館に到着。巡礼ファンの聖地中の聖地、千歌ちゃんの実家モデルとなった老舗旅館ですね。
予約競争すごそう。中には入らなかったので外観の写真だけ。
1枚だけなのは、このときちょうど逆光だったんです…(泣)
反面、三津海水浴場の方は桟橋・淡島・富士山を入れて撮れたのでよかったです。
場所は、安田屋旅館から県道をはさんで目の前。キャンドルライトでAqoursの文字を再現したイベントもあったとか。
一通り付近を撮影したあと、さらに南へ。


■伊豆・三津シーパラダイス~三の浦総合案内所、大川家 長屋門
c0219090_21432349.jpg
写真も少ないので一気に紹介します。
まずは、伊豆・三津シーパラダイス。2ndシングル「恋になりたいAQUARIUM」のPVでお馴染みの場所。
この曲大好きなので一度は訪れてみたかった。前回、駿豆線を利用したときに、三島←→伊豆長岡の往復切符とバス利用券・シーパラの入場券などが一緒になったサンシャインセット(?)を買ってはいたんですが、まあもったいなくて使えないよね←
外にあるスタンプだけ回収して、総合案内所へ。
c0219090_21502957.jpg
c0219090_21504399.jpg
c0219090_21505690.jpg
総合と言いながら、ほぼ99%サンシャインじゃねーか!
フィギュアがずらりと並んでいたり、気合いの入り方が半端ない。
とはいえ、1日目でだいぶ耐性(?)もついていたので、ラブライブ全面推しには驚かなくなった。
もうね、ここまで来ると一つのテーマパークみたいだよね。

さて、総合案内所のすぐ近くにはルビィとダイヤ様の実家モデルとなった邸宅もあります。
すぐ近くっていうより、もう案内所の前から門見える距離だよね。
ここは個人の邸宅なので、敷地内には絶対に入らないようにしましょう。
一応、門だけは撮影しましたが、逆光ということもあってここには載せません。申し訳ない。

さらに県道沿いに進むと、浦女のモデルとなった学校がありますが、ここでお昼の時間になったので引き返してお目当ての飲食店へ。


■おさかな食堂やまや
c0219090_22003217.jpg
メシテロくらええええええええ!!!
はい、沼津Walkerで読んだときから、絶対当たりだろ!と確信した「金目鯛炙りづけ丼」(1782円)です!
食リポは羊が詳細にツイートしてくれたので以下引用。

ぷりぷりの金目鯛に醤油ベースのタレ、卵の黄身が濃厚に絡み合って胡麻油を垂らしたご飯にとてもよく合う。
というかご飯と卵だけでも美味しいのに、こんな美味い金目鯛が乗って満足しないわけがない!
お味噌汁や漬物も主張しすぎず好印象。

というわけなので、食べに行こうぜb
やはり食リポは専門家に任せたほうがいいな(オイ

新鮮な海の幸に舌鼓をうっていたら12時に。
やまやから県道を北上し、淡島を目指す。
20分も歩いたらフェリー乗り場に着いたかな。けっこう風が強かった。
c0219090_22084086.jpg
島へ渡ってもよかったんですが、来年3月に「リアル脱出ゲーム×ラブライブサンシャイン!」なるイベントがあるらしくて、その時にお楽しみを取っておくことに。
いくつかまわってない場所残しておけば、また来よう!って気にもなるしねw
というのと、13:00頃のラッピングバスにも乗りたかったので。

時刻通りのバスで40分ほど移動し、沼津港で下車。
昨日混雑で入れなかった沼津バーガーに再チャレンジ。
c0219090_22150604.jpg
月も羊も、深海魚バーガーを注文。うん、普通にうまかったで。
金目鯛バーガーと、「堕天使のオーブ」は次回来た時にでも。
時間があれば、隣の沼津深海水族館も寄りたかったけど、行列を見て断念。
昨日と同じように川沿いを歩いて阿蘭館へ。今度はケーキと珈琲をいただく。
c0219090_22175680.jpg
かなり駆け足だったけど、以上にて巡礼終了。
16時過ぎの電車で帰りました。

羊とは大船でバイバイ。
しかし、東海道線も普通を使ったのに18:30には武蔵小杉に帰れるもんなんだな。
また行きたい、というか敢えて楽しみをいくつか残してあるので絶対行く。

お疲れ様でした!


by broken-range | 2017-11-08 22:22 | ラブライブ!

ラブライブサンシャイン! 沼津巡礼1日目

こっちではめっちゃお久しぶりなつきにゃんです。
ツイッターが便利すぎて、まったくブログで記事書かなくなってしまったけど、あれからも色々旅行してますよ。
今回はゆーさんのブログを見て、やっぱ旅日記綴るのも面白いよなーと思い直し、こうして駄文を書き連ねている次第←

さてさて、メインはタイトル通り、今季絶賛放送中の「ラブライブサンシャイン!」の舞台である
静岡県沼津市を観光してまいりました。

他の作品みたいに、巡礼記事っぽく解説してもいいんだけど、
アニメのスクショを一つも取ってないので、旅日記感覚で紹介することにします。
会社の休憩時間に書いてた旅メモだとすでに15000字超えてるんだけど、もうダイジョストに沼津駅着いたところからでいいよね

■JR沼津駅
c0219090_22410583.jpg
横浜から揺れること1時間半、10:17沼津駅到着。
現地は気持ちいいくらいの晴天! 前回観光したときは台風接近に伴って大嵐だったので、まるで別の町のようだった。
羊「沼津って、こんなに明るい街だったんだな…」

そして同じく羊屋仲間(兼駅メモ仲間)でもある、ふぶにゃんとも合流。
会うのは実に2年ぶり。相変わらずちっちゃくてリアル麻冬さんでした。
再会の挨拶も軽く済ませ、さっそく巡礼開始。まずは駅ナカのコンビニをふらっと覗く。
入り口には、サンシャイン包装のみかんロール、のっぽパン、沼津Walkerなど。
c0219090_22483631.jpg
この沼津Walkerには、サンシャインで登場したアニメスポットの詳細&専用地図、おすすめグルメなどが掲載されていて、
これだけあれば一通りの巡礼は楽しめるようになっています。
現地で購入できるので、手ぶらで来た人でも安心ですね。
みかんロールはひと箱900円。お土産によさそう。ただし中身はチョコなので日持ちするかは要確認。

駅の外に出ると、ロータリーにラブライブサンシャインのラッピングバスが!!
c0219090_22544307.jpg
c0219090_22542629.jpg
写真を撮りまくって大はしゃぎしてしまった。
高いテンションのまま、駅の目の前にあるコラボカフェに突入。

■ラブライブ! サンシャイン!!×雄大SUN! SUN! サンシャインCafe

店名なげーな!
それはともかく、外ではグッズ販売、花火大会のポスターや浦女のバス停が、
中に入ると等身大パネル、ラッピングテーブル、沼津紹介PVの上映などなど。
あちこち目移りしてしまうほど、色々な趣向が巡礼者を出迎えてくれます。
c0219090_23041994.jpg
c0219090_23045593.jpg
c0219090_23052220.jpg
↑つきにゃん推しの二人ですw
気になるメニューの方は、定番のキャラクターイメージドリンク各種に、作中で登場したフードが中心。
「高海家の朝食」と「堕天使の涙」は気になった。この後、メインのハンバーグが控えているので月氏は後者を注文。
で、運ばれてきたのがこれ。
c0219090_23083533.jpg
見た目、真っ黒いたこ焼きですが、味は普通でした。
まあ、お子様でも食べられるように配慮してるみたいだしね。物足りない人は自分でタバスコを入れるみたいです。
ドリンクかフードを頼むと一緒にコースターもついてくるのでパシャリ。
しばしPVやパネルを眺めながら食事を楽しみました。

11時ごろから再び行動開始。
沼津Walkerに従って、仲見世へ。ここも横断幕やシャッターがラブライブ仕様でした。
c0219090_23125443.jpg
この仲見世には、作中でも登場したマルサン書店 仲見世本店や、やば珈琲店 沼津店があります。
書店の3Fにはちょっとした交流スペースも。ここは前回も立ち寄ったので軽く流して次のポイントへ。
ドールハウス KIMURAマルサンホビーGrandmaなど、ヨハネが訪れたお店でスタンプを回収しつつ川沿いの道へ。
c0219090_23210195.jpg
天気もよくて風も心地よく、散歩に最適でした。住みたいと気持ちが傾くくらい。
そのまま川沿いを歩くとお目当ての阿蘭陀館に到着!

■阿蘭陀館
c0219090_23241189.jpg
c0219090_23243802.jpg
「曜ちゃん家のハンバーグ」で有名な阿蘭陀館。外観は本当にオシャレ。
ただ、大きな通りから少し外れていて、地図がないと見つけにくい場所かも。
お店に入ると、ずらーっと並んだ曜ちゃんグッズの山が視界に入ります。
c0219090_23281042.jpg
愛がすごいww
ツイッターで見たとき、ここだけは訪れたいと思ったんだよねw
メニューは迷うまでもなく、三人とも「曜ちゃんのハンバーグ」(1000円)を注文。
ちなみに阿蘭陀館は珈琲とケーキもおいしいと評判らしいですよ。
運ばれてきた料理を見ると、書いてます書いてます、「YOU」の文字!
c0219090_23320308.jpg
ハンバーグも、中に入っているチーズが驚くほど美味しかった。
ライスのてっぺんに曜ちゃんの旗、そして付属のオレンジジュースと、お子様ランチ感がちょっと強いかな?とも思いましたが、
コラボメニューの割には1000円と値段も良心的で、かなり楽しめました。
お腹を満たした後は、沼津港を目指して移動。

■沼津バーガー、大型展望水門「びゅうお」
c0219090_23405815.jpg
c0219090_23412942.jpg
ヨハネ逃走回でおなじみ、沼津バーガーと、巨大水門「びゅうお」。
びゅうおはヨハネが堕天使ポーズを決めているイラストでも使われてますね。
入門料は大人でも100円と格安。高さ30mの展望台から沼津港を見渡せます。
北側に回れば富士山の雄姿も。
c0219090_23443570.jpg
c0219090_23452106.jpg
ここ最近の台風の影響か、雪はまったく積もってなかったですが、くっきりと見えたので満足。
夕陽の時間帯はさぞ綺麗なのでしょうね(新聞にも載ってたくらい)
水門の"渡し"の部分で、職員さん?が面白おかしく解説していましたが、時間の関係でスルー。
びゅうおを出て、沼津港から駅方面に戻ります。

途中、ダイヤコーヒーという気になる喫茶店があったので立ち寄りました。
c0219090_23494019.jpg
いや、もうなんていうかキャラ愛がすげえ。
展示されているダイヤ様グッズの量が尋常じゃない。阿蘭陀館よりも愛の重みを感じた。
ここ、けっこうリピーターさんがいらっしゃるようで、メニューを見るか聞かれました。
交流ノートを見ても、確かに複数回訪れている人が多い印象。
歩いてけっこう汗かいたので、三人ともアイスコーヒーを注文(月氏だけはケーキも追加)
コーヒーを飲んだらいい時間になったので、ゲマズとメイトだけ寄りつつ駅へ戻ることに。
c0219090_23540617.jpg
ゲマズは前も来たね。ヨハネが店長をしているリトルデーモン店です。
ゲマズ、メイト、ついでにスーパーでMAXコーヒー探しを終えて駅に戻ったのが16時過ぎ。
モスバーガーで本日最後のスタンプを回収してバス乗り場へ。
伊豆長岡方面へと向かう7番乗り場には、ちょうどラッピング車が停まっていたので激写。
危うく乗りそうになったけど、これは1本前の16:20発のバスでした。

適当に時間をつぶしてふぶにゃんとバイバイ。付き合ってくれてありがとう!
定刻通りにバス出発、30分程度揺られながら宿へ。

これにて1日目の巡礼終了。
久しぶりに記事書いたら疲れちゃった。2日目は明日上げよう。

では!




by broken-range | 2017-11-08 00:00 | ラブライブ!

ラブライブ3周年おめでとう!

c0219090_1444546.jpg
ラブライブ!3周年おめでとうございます!!

日付が変わってからTLで知ったのですが、今日でプロジェクト始動からちょうど3年経ったのですね。
最初のぼらららはCDが400枚しか売れなかったらしく、G's上でも流し読みされる程度の認知度だったみたいですが、その頃からラブライブ!を支えていたファンの方には本当に頭が下がります。
アニメの言葉を借りれば、まさに完敗からのスタートといった状態みたいで……。

しかし、スノハレ以降少しずつファンが増え、1stライブで大成功の盛り上がりを見せ、TVアニメが放送され――今ではこんなに大きなプロジェクトになりました。
僕はアニメから入った新参なので、コンテンツを知ってからまだ半年と日が浅いですが、作品とμ'sへの情熱はほかのラブライバーにも負けないくらい強いものだと思ってます。
いやホントアニメ1話観たときはまさかここまでハマるとは思ってなかったんだぜ……。

たくさんの元気と、少しずつでも前へ踏み出す勇気をくれたμ's、そして作品に携わっているすべての人に最大限の感謝を。
これからもずっと彼女たちを応援していきます!
c0219090_14222577.jpg

by broken-range | 2013-06-30 14:23 | ラブライブ!

μ's 3rd Anniversary LoveLive!!

ラブライブ!さいこおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!

μ'sありがとおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!


そんなわけで、昨日6/16にパシフィコ横浜で開催された、3rdライブに参加してきました!
今日の記事はその現地レポートです。テンション高まりすぎて上手くまとまらないかもですが、ライブこんなに楽しかったよ!!!ってことが少しでも伝われば幸いです。

さて、自分はフォロワーさんと朝から物販列に並んでいたのですが、早々に売り切れ続出で結局買えたのはTシャツとマフラータオルだけでした。現地組としてブレードは絶対に手に入れておきたかったのですが、そちらは通販に期待するしかなさそうです。

しかし、そんな疲れも会場入りした瞬間に全部吹っ飛びましたね。
ライブ前からノーブラでのHi!Hi!Hi!のかけ声を叫んだり、ペンライトを振っているライバーさんが数多くいましたw
もちろん、みんな3rdTシャツやマフラーを装備済み!桜木町駅周辺にはにこにーやことりのコスをしたレイヤーさんも見受けられ、昨日に限っては全然浮くことはなかったですw

ライブ開始は17時半ちょうど。
バックに流れていた挿入歌の音量が徐々に上がっていくと共に、みんな一斉に立ち上がってスタンバイ。
歓声と9色のサイリウムに彩られる中、スタートした第一曲めは……

「僕らは今のなかで」キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!

今回の3rdはアニメ楽曲中心になるということで、まずはこれだろうと予想してましたが当たりましたね。
ミュージックに合わせ、会場は光と歓声に包まれ大盛り上がり!みんな全身で飛び跳ねたりサイリウム振ったり叫んだり、正直1曲目から僕も汗だくになったくらいですw
歌詞の(わかってる)や(行くんだよ)の部分、新しい(場所が)などの()の中は、全員で大合唱。
サビではOPのダンスに合わせて、腕を上げたりリウムを頭の上で回転させたり。この辺、なんの打ち合わせもしてないのに統一がとれている所はさすがラブライバーですねw

そして息をつく暇もあらばこそ。
そのまま2曲目ぼらららに突入!!こちらはすっかり序盤の定番曲ですね。
1stやNYのライブ映像で予習はしてましたが、やはり生の現場は熱気が違う!!
ラブライブ!のコンセプトである「みんなで作る物語」をそのまま表したかのような一体感!歓声が爆発し、9色の輝きの美しいことといったら!
アニメライブ初参加の僕でしたが、「あぁ、これがライブなんだ……!」って感極まりました。

2曲終わってからは自己紹介MCで少し休憩(笑)
ラブライバーなら誰もが知っているやり取りもばっちり決まりました!

花陽「ダレカタスケテー」
「チョットマッテテー」

絵里「賢い、可愛い――」
「エリーチカ!」

にこ「それでは、みんな一緒に――」
「にっこにっこにー!」

大体こんな感じw
そうなんだよね、ここに集まっている全員がラブライバーなんだよね。
普段、周りに語り合える友達が少ない環境の人も、ここではもはや常識の範囲。
ラブライブ!への愛も、キャラの魅力も、周りを気にせず思い切り叫んでもいい場所なんだなってなんだか不思議で胸が熱くなりました。

MCが終わったあとは、NYで実現できなかった九人そろっての「Wonderful Rush」!
個人的にシングル表題曲の中でもかなり好きな曲なので、テンションメーター振り切れましたw
イントロが始まり、ことりの「未来をしっかり見て!」から会場は爆発。

「Hi hi, ススメ! まだまだ Let's go!! Hi hi, ススメ! ほらほら Let's go!!」

もちろん、自分も喉も枯れよとばかりに大声で参加しましたよ。
いや、ほんっっと気持ちいいですね!疲れるし汗もたくさんかいたけど、それ以上に、このライブに参加している一ラブライバーとしてみんなと盛り上がれるっていうのは最高に気持ちいいです!!
そのテンションのままお次は「夏色えがおで1,2,Jump!」。
こちらもサビではみんなしっかりジャンプしてましたw

2曲続けて終わった後は、ドラマパートで再び休憩。
裏で次の衣装に着替えているんだろうなーと思いながら、さて何が来るか期待に胸膨らませていたら、しばらくして三人の影。
お?三人ってことはひょっとして……

「だって~可能性感じたんだ。そうだ、進め~」

「ススメ→トゥモロウ」キタ――(゚∀゚)――!!
制服姿かわええええ!!!ダンスもかわええええええ!!
アニメではフルPVないので、フルで披露するのはこれが初めてとなりますが、2番終わったあとの「高まっている想いが~始まっている…何かが!」の部分、三人仲良く肩並べて体を揺らしているのが特によかった!
もちろん、サビでの(Hi hi hi!)や、Let's go!Do!I do! I live!Yes,Do!などは全員で大合唱でしたよ。

興奮冷めやらない状態の中、今度はアニメにおいてμ'sに加入した順に各キャラのソロ曲ラッシュ!

高坂穂乃果「夢なき夢は夢じゃない」
  ↓
南ことり「ぶる~べりぃ@トレイン」
  ↓
園田海未「私たちは未来の花」
  ↓
小泉花陽「なわとび」
  ↓
星空凛「恋のシグナルRin rin rin!」
  ↓
西木野真姫「Daring!!」
  ↓
矢澤にこ「まほうつかいはじめました!」
  ↓
絢瀬絵里「ありふれた悲しみの果て」
  ↓
東條希「純愛レンズ」

穂乃果とかよちんはBDのオリジナルCD曲。絵里のソロは今回初披露となりましたが、やはり安定感があっていいですねー。各ソロではそのキャラのイメージカラーのサイリウムが振られ、1色で統一されるのもまた綺麗でした。ほんと、ラブライブレード欲しくてしょうがない。
えみつんがチャリこぎながら歌っていたのも面白かったですねw

ソロラッシュの後は、僕がラブライブ!にはまるきっかけとなったあのシーンの再現!!

「μ'sのファーストライブ、最高のライブにしよう!」
「うん!」
「もちろんです!」

もうこの時点で自分の中のなにかが弾けて色々やばかったのですが、実際に「START:DASH!!」のイントロが始まった瞬間、涙腺がぶっ壊れました。

「I say… Hey, hey, hey, START:DASH!!」

会場を包み込む大合唱。
アニメにおいて三人ver. のときはまだ観客が一人もいませんでしたが、ここではすでに最終話状態。
三話ラストで穂乃果が言った「いつか……いつか私たち必ず――ここを満員にしてみせます!」という台詞を思い出したりして、なんかもう色々感情が溢れてきてやばかったです。
あ~、記事書いてる今でも涙が……。すみません、うまく文章にできないです……。

スタダが終了し、再びドラマパートで休憩。
衣装制作についてメンバーが色々意見を交わしているのを聞いたあと、流れてきたのは6話挿入歌「これからのSomeday」!
しかも7人ともアニメと同じ不思議の国のアリスをイメージした衣装での登場!
アニメPVでもそうでしたが、ひたすらかわええええええええええええええええええ!!!と心の中で絶叫してましたw

ただ、この曲は7人なんですよね。生徒会の二人が入るのはこれより後。
絵里と希の衣装はない――かと思いきや……
会場の生徒会コールで、PV衣装に身を包んだ二人も登場!
ふぉおおおおおおおおおおおおお!!!やべええええええかわえええええええええええええ!!!
まさかの流れに、会場の熱もうなぎ登り。
「それじゃあ、このまま可愛らしい曲いってみようか!」ということで、そのまま「もぎゅっと"love"で接近中!」スタート!

もうキャスト陣みんな可愛すぎ!!リアルアイドルですよね!!!!
「もぎゅっと」から続けて「Wonder zone」へ。
この曲はアニメでも振り付けなかったので、すごく楽しみにしてたんですよね!
残念ながら一晩経ってだいぶ忘れてしまったので、BD出たらじっくり見たいと思います。

次のドラマパートを挟んでから、またもや衣装チェンジしてμ's登場。
そろそろノーブラ来るか?と思いきや、衣装的にはなにやら違う様子。
それもそのはず。始まった曲は今回初披露となる「輝夜の城で踊りたい」!
「きっと青春が聞こえる」のカップリング曲でありながらも、かなりノリノリで大好きな曲なんですよね!
しかも初の小道具(扇子)を使用したダンスということで、これまでとはひと味違ったμ'sを堪能できました。
優雅でかっこいいよね扇!パっと舞うような動きが印象的でした。

そしてMCを挟み、衣装チェンジ。
今度こそ……と思ったら、
ノーブラの衣装キタキタキタキタ━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━!!
うおおおおおおおおおおおおおお!!!!テンション高まるぜえええええええええええええええええ!!!!!
アニメでダンスシーン見たときから、この曲はライブで絶対盛り上がるよね!ってことを話してたので、それがついに目の前で実現ということで会場全体の熱気は最高潮に!

しかし、その前にかっこいい曲を一つ。ってことで始まったのは「WILD STARS」。
「僕らは今のなかで」のカップリング曲ですが、めっちゃクールでかっこいい曲ですよね!ダンスの方ですが、見てない方は是非BDを買ってみてください!
めっちゃパフォーマンスかっこよくて惚れちゃいました!
そしていよいよ待ちに待った「No brand girls」!
はい!みなさんご一緒に!

(Oh yeah! Oh yeah! Oh yeah! 一進一跳!)

壁は Hi! Hi! Hi! 壊せるものさ Hi! Hi! Hi! 倒せるものさ
自分からもっとチカラを出してよ Hi! Hi! Hi!

くぅぅううううううううう!!!これだよこれ!!!この盛り上がり!!
予想はできてたけど、もう実際はすごかったね!
この後のスノハレとのギャップがアレで面白くもあったけどw
本編?ラストはスノハレで締め。注目の穂乃果ソロパートでは、サイリウムの色が白→オレンジに変化して、すっごく幻想的でした。
ここはしっかり予習しておかないといけないポイントでしたからね。

アンコールでは、まず「START:DASH!!(μ's)」披露後、キャスト陣のMCを挟み、最後に「きっと青春が聞こえる」を全員で歌って終わりでした。
毎度ながら、キャストのコメントで涙腺崩壊する僕です。
今日このステージを最高のモノにするために色んな人に支えられてみんな頑張ってきたということと、ファンの方々をすっごく大切にしていることが伝わってきて、ごめんなさい記事書いてる今も涙で画面がぼやけてる……。
ナンジョルノやPile様も泣いていたのは少し意外でしたが、えみつんのコメントと涙にはホント心打たれました。えみつんはほんと穂乃果まんまだよね。自分のデビュー当時から一緒に歩いているだけあって、コメント内容が穂乃果だったらこういうだろうなってことをそのまま述べているというか、ラブライブ!という作品と、そしてラブライバーのみんながほんとに大好きなんだってことがビシバシ伝わってきて涙腺やばす……。

さて、忘れちゃいけないのが、ラブライブ!NEXTプロジェクトのお知らせ!
第1弾 6thシングル発売決定!
第2弾 ユニットシングル2ndセッション開始!
まではすでにご存じの通りですが、ライブではこれに加えてさらに新しい情報が!
それがこちら。

第3弾 PSVitaにてラブライブ!リズムアクションゲームが来年春に発売予定!

第4弾 さいたまスーパーアリーナにおいて、2/8,9に4thライブ~ENDLESS PARADE~決定!

そして、第5弾……

2014年春 テレビアニメ2期放送決定!!

2期きたあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!

ひょっとしたら2期情報来るか……?って思ってたらまさかホントに来ちゃったよ!!
もう嬉しすぎて近くのライバーさんたちとハイタッチしてしまいました!
秋葉原では早速今日から二期決定のボードが張られているようで、これは近いうちにまたアキバに行かないといけませんねぇ(使命感)
ついでに「竹むら」で揚げまんじゅう食べてこようと思いますw

4thライブも、パシフィコよりキャパが6倍以上も広いSSAで、しかも2dayライブですよ!
チケット難民もかなり減って、今度はもっと楽しめそうな感じですね!

そして、ライブ最後は「僕らは今のなかで」を会場、そしてTLによるとLV会場でも大合唱していたようですね。
キャスト陣のツイートを見ても、まさかあそこでみんなが合唱してくれるとは思ってなかったらしく、涙腺もってかれた人が多かったみたい。
あれこそ「みんなで作る物語」って感じで感動ものでした。


そんな感じで、まとまりに欠け、だいぶ長くなっちゃいましたが、ライブレポートはこれで終わりです。
最初にも書きましたが、こんなにもライブは楽しいんだよー!!ってことが少しでも伝わればこの記事を書いたかいがあります。
まあ、自分が後で見返すためでもありますけどw

では!

by broken-range | 2013-06-17 15:32 | ラブライブ!