まったり聖地巡礼の日々を綴る旅ブログ。主に湘南鎌倉を舞台とした作品が多めです


by broken-range

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ブログ紹介(初めて来られた方へ)
読書レビュー
パズドラ
スクフェス
ラブライブ!
ラブライブ!SS
TARI TARI
聖地巡礼(TARI TARI)
聖地巡礼(俺妹)
聖地巡礼(つり球)
聖地巡礼(たまゆら)
聖地巡礼(未来日記)
聖地巡礼(ちはやふる)
聖地巡礼(ハナヤマタ)
聖地巡礼(ラブライブ!)
聖地巡礼(のんのんびより)
聖地巡礼(ココロコネクト)
聖地巡礼(ミルキィホームズ)
聖地巡礼(きんいろモザイク)
東方
日常
ポケモン:BW2
ポケモン:ブラック / ホワイト
ポケモン:ハートゴールド
ポケモン:エメラルド
ポケモン:プラチナ
動画紹介
座談会
短編企画
駅メモ
サークルEMA

以前の記事

2016年 05月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
more...

ライフログ

ハナヤマタ関連商品

花ハ踊レヤいろはにほ(CD+DVD)


花雪(CD+DVD)


コドクシグナル(CD+DVD)[TVアニメ ハナヤマタ挿入歌]


ハナヤマタ画集 華画数多[カガアマタ] (まんがタイムKRコミックス フォワードシリーズ)


YOSAKOI SONG Series 壱 なる


YOSAKOI SONG Series 弐 ハナ


YOSAKOI SONG Series 参 ヤヤ


YOSAKOI SONG Series 肆 多美


YOSAKOI SONG Series 伍 真智


ハナヤマタ よさこいLIVE!

リンク

・星島みなとさんのサイト
さまよえるコミック
オリジナル長編マンガや聖地巡礼マンガを公開しているサイト

・EMA公式サイト
サークルEMA
江ノ島・鎌倉を起点に活動している湘南大好きサークル。
最新のニュース、グルメ、絶景フォトなどなんでもござれ!

・cross-wizardさんのブログ
ひとひらの桜
神奈川や東京の美味しいラーメン屋さんを紹介しているブログ

・雨竜三斗さんのサイト
雨降らしの竜
東方のオリジナルノベルなどの創作活動をされているサークル

・ゆーさんのブログ
ゆーの活動記録
色んなアニメの整地巡礼に行かれている方のブログ

・EMAによる湘南写真公開
湘南フォトギャラリー.com
EMAが撮影した写真をまとめたサイト。無料でダウンロードもできます

ブログパーツ

検索

最新の記事

羊屋カラオケセトリ
at 2016-05-05 17:08
羊屋津田沼オフ
at 2015-10-18 18:19
羊屋広島旅行記(3日目~4日目)
at 2015-10-12 23:25
羊屋広島旅行記(初日~2日目)
at 2015-10-12 23:22
羊屋大規模オフ 2015夏コ..
at 2015-09-07 22:33

その他のジャンル

ブログジャンル

画像一覧

羊屋広島旅行記(3日目~4日目)

広島旅行後半。
前半はこちら→羊屋広島旅行記(初日~2日目)





<広島旅行3日目>
3日目はアニメ「たまゆら」の舞台となった竹原と、つきにゃんさんの生まれ故郷尾道を散策する予定でした
呉から先、竹原方面になると途端に本数が激減する呉線
1時間半に一本しかないってことで、8:30発か10:00発らしい
羊の寝起きの悪さは前日に把握していたので、まあ10:00やろと決める
羊が朝のソシャゲをやる時間を考慮して8:00過ぎに起こすも、相変わらずベッドから出る気配がないので布団を全部ひっぺがえした
ダメだ、この羊なんとかしないと……
着替えて朝食。ミネストローネうまいっす
チェックアウトし、キャリーケースを引きながら呉駅へ
そういや竹原にコインロッカーあったっけ?と疑問に浮かんだけど、まあなんとかなるやろとそのまま出発
11:00過ぎ竹原到着
つきにゃんさんのリアルラックにより、大型ロッカー1つだけ空いてた
竹原駅→商店街→町並み保存地区の王道ルートをたどる
2012年冬(hitotoseが終わったころ)にはそれほどアニメ色は強くなかったけど、今では町全体でたまゆらを推している雰囲気になりました
「おかえりなさい」の文字もはっきり見えるようになったし、商店街ではほぼすべての店舗で何かしらたまゆら関係のグッズやらポスターを飾ってます
しかも主題歌や挿入歌を放送でずっと流すという徹底っぷり
まあ、今年は一年通して映画やるし、たまゆらの年といっても過言ではないけんね
町並み保存地区は、竹原が「安芸の小京都」と呼ばれるように、とても古い面影を残しています
また瀬戸内の海や島々も間近に感じることができるため、時間がゆっくり流れているような印象も受けますね
たまゆら以外だと、「時をかける少女」で登場した胡堂もあります
毎年10月下旬~11月上旬に行われる「憧憬の路」は、竹をろうそくの優しい光で灯して幻想的な景色を作り上げるイベントで、つきにゃんさん一押しのイベントだったり
今年は10/31, 11/1にやるっぽいのでお金に余裕があれば(あと休みが取れたら)ぜひとも行きたいところ
さて、竹原の紹介も終わったので話を戻します
町並み保存地区といってもそんなに大きくないので(たぶん1時間もあれば隅々まで観光できる)、メイン通りにあるお好み焼き屋さんの行列を横目に、まずは西方寺普明閣にのぼる
ここは竹原港から町並み保存地区まで一望できるスポットなのです(だいぶ前になりますが、アラカルトのスピン作品で写真部も訪れてますね)
この風景を眺めるのも三回目になるけど、ゆめタウン竹原の存在に気付いたのは今回が初めてかもしれない
なぜ急にゆめタウンが好きになったのかは不明
おそらく関東でまったく見かけないローカル店かつ、幼少期によくお世話になったからだと思う
西方寺から本町に戻り、胡堂まで歩く
茶房ゆかりさん(喫茶たまゆらのモデルとなったお店)は閉まってた
いつも閉まってる印象あるからGWのときは運よかったのかな
川沿いを少し歩いて折り返し
日の丸写真館を撮りつつ、道の駅たけはらへ
2Fのたまゆらブースにて、進級イベントのトートバッグとももねこ様のご神水を購入(羊はたまゆらむねを購入)
道の駅から南へ下るとすぐ竹原港に出るのだけど、せっかく来たのにほぼろさんのお好み焼きを食べないのはもったいなかろう!ってことで行列の最後に並ぶ
20~30分ほど待って店内へ
劇場版第2部で登場した「ほぼろ焼き・極」が早速メニューにあったので注文
毎回自分が案内しているときは羊に選択権がない気がする
ハンバーグが入ってたり、ポテトサラダがのってるところも映画通り
思わずマジかよ!ってツッコミいれたくなった
あ、もちろん味は☆3つです
食べて外出たらめっちゃ晴天だった。流石つきにゃんさんのリアルラック
そして出た直後に中休みで閉まるほり川さん。あぶなかった
晴れたので再び西方寺普明閣にのぼる
日の丸写真館も撮り直してそのままゆめタウンへ
店の三階にあったテーブルで一休み
ゲーセンもあったけど音ゲーが太鼓の達人しかないような古い場所だった
すごい昔のゲーセン臭が漂ってた
電車の時間が近づいてきたので竹原駅に戻る
駅の売店でニチアサの変身ステッキを見かけたが、ぐっと我慢した←
竹原→三原(呉線。途中瀬戸内の海が見える絶景ポイントあり)
三原→福山(山陽本線)
尾道は案内したかったけど映画に間に合わなくなるため今回はパス
あれだけ天気よければ千光寺から尾道水道~尾道大橋がきれいに見えただろうな
東尾道のFujiグランと、松永のゆめタウンはつきにゃんさんが幼少期によく行った場所。なんとなくテンション上がる
福山に着いて即コインロッカーに荷物を放り込む
両替機でつきにゃんさんの500円玉が吸い込まれたまま戻ってこなかった
羊の1000円札はちゃんと両替できたのに解せぬ
やや駆け足で映画館に入ったものの、さすが地方かつ上映終了間際。見事に人がいなかった
しかし地下の映画館って珍しいな。スマホの電波の入りが悪かったわ
たまゆら見終わったあとの羊の感想↓
「竹原まんますぎて笑った」
「なんというかすごく疲れた日に1話だけ見たい内容だった」
「ピュアすぎて多分あくあさんじゃ15分もたない」
とのこと。まあわかる
ちなみに本編はとってもまったりで、つきにゃんさんでもよく寝ます
一挙だったら間違いなく寝る。それくらい平和なアニメ(写真沼とスイーツテロをのぞけば)
さて、映画も見終わって腹もすいてきたので待ちに待った尾道ラーメンである
路地裏をさまようこと数分、お店は見つけたけどその前にお隣のアニメイトへ。羊はなんか買ってた
同じフロアにお化け屋敷もあったけど、つきにゃんさんも羊も苦手なのでスルー
入ったら間違いなくブログネタ増えてた
尾道ラーメンは一般的なラーメンの相場(680円~700円)より安かったです
味も家系と比べると優しい
武蔵小杉界隈に尾道ラーメンの店があるらしいので、同じ味か調査してみよう
ラーメン食べた後は福山駅を中心にぶらぶら
そういや福山もちょっとしたアーケード街あったな、忘却の彼方にすっ飛んでた
記憶と変わらないのは福山城と天満屋くらい
トッポ(トポス?)というデパートもあったと思うんだけど、たぶん名前変わったんじゃないかなー
福山駅の中にある本屋にも寄ったり
広島と呉ですでに大量に買っていたのでさすがに自重した
福山から山陽本線を少し戻り松永でおりる
つきにゃんさんの祖父母が住んでいる町です
駅前商店街の驚くほどのシャッター率ね。開いてるの学習塾くらいしかなかったんじゃなかろうか
ゆーて福山も大体シャッター閉まってたな。デパートが19:00に閉まるってどういうこっちゃ
人気はないし、ポータルになりそうな公園と神社あるし、星はきれいに見えるしでなかなかいい場所よ
祖父母の家に着いたのが21:00前
尾道ラーメン食ったから晩飯はいらないと伝えておいたはずなのに、大量の果物やらアイスやら出される
いや、うれしいけど今はいらんがな(その割にブドウうまうましてたけど)
ようやく解放されてTL見るとあの花実写実況になってた
結局見てないけどお察しだったみたい?
つきにゃんさんが先にほかってきたら羊が爆睡してた
叩き起こしてほかるように促すも、TL依存症すぎて離れられないらしい。ダメだこの羊(n回目
仕方ないので、ドライヤーを当てながら羊毛を櫛ですいて遊ぶ
羊もほかった後で適当に本を数冊選んで寝室にこもる
羊に薦めてもらった「現代魔女図鑑」すぐに読み終わってしまった。魔女っ娘可愛い
最近だと魔女もの=人が死ぬイメージあるけどこれは不思議な日常系だった
明日は早いのでもう寝よう
おやすみなさい


<広島旅行4日目>
6:40起床
珍しく羊の携帯のアラームで目が覚めたと思う
今日はのんびりしてる暇ないのでさっさと布団から出て朝ごはん
そう、松永から都内まで在来線のみで帰るという、青春18きっぷばりの長旅を敢行する予定なのです。その時間なんと12時間半以上
乗換アプリで検索しても、8:06に松永出発する経路しか見つからないという鬼畜っぷり
これ一か所でもトラブったらアウトなやつじゃね?と心に暗雲が立ち込める
特に今回は不運の権化、羊もいるからな……
と、フラグを立てまくってから出発
まずは相生まで山陽本線で一本。所要時間は約2時間
山陽本線はクロスシートが多いので旅の情緒が味わえます
うっかり朝日が当たるほうに座ってしまって暑かったけどそこは我慢
新幹線ではトンネル地帯に阻まれてしまった新駅たちにレーダーを撃ちながらまったり移動する(さすがに12駅全部赤色に染まってた往路よりは楽だった)
──と思うじゃん?
相生→姫路まで山陽本線で移動し、米原行の新快速に乗車してから忙しさはMAXに
兵庫の海沿いは複数の路線が走っていて、さらに駅の間隔が短いため、新快速の速度だとチェックインが追いつかないほど
チェックイン漏れした駅をレーダーで回収するだけでも大変でした……
大阪に入っても気が緩めないのは変わらず
東海道新幹線では北部をかすめるだけだったのが、在来線になるともとに都市部を突っ切ります
そして大阪に着いた途端、いよいよ恐れていたことが現実になります
羊の不運のせいで、この先の茨木で人身事故が起こり電車が止まってしまったのです!なんということでしょう
つきにゃんさんは思わず天を仰ぎます
思えば出発前にはやとにぃが「師匠は新幹線すら止めることがあるから」と警告してくれてました
しかし嘆いても詮無いこと
こんなところで立ち止まる我々駅メモ部ではありません
放送によると、運転再開の見込みは約1時間後の13:05。それまでは阪急で振替輸送が行われているとのことでした
大変な混雑が予想される阪急に乗るという選択は速攻で除外。羊も月も人混みは嫌いなんです
そこで大阪環状線の所要時間を調べてみると50分弱らしい
ならば行くしかあるまい←
「ちょうど一時間くらいあるし、環状線乗ろうぜ!」
と新たな新駅の旅、というより寄り道に出発しました
これまで幾たびの遠征(と課金)を通して、駅メモ部もずいぶん逞しくなったものです
大阪環状線も山手線と同じように内回り・外回りと表記がありました(中間が天王寺らしい)
ちなみにこの環状線、大阪の中心地を抜けるだけあってレーダーががんがん減ります
ふっ、望むところよ
羊月の課金額 vs. 新駅の数
という不毛な争いが繰り広げられます
天王寺で一度ホームへ降りる
電光掲示板には12:17ごろ、運転再開したとの情報が流れていました
マジかよ、ちょうど環状線に乗り込んだ時間くらいじゃねぇか。どこまで運が悪いのか
しかしまぁ、電車の本数が1時間に一本の某路線@千葉よりは全然マシ
さっさと次の電車に乗り込んでもう半周も制覇
色々称号取ったから大阪で暴れていると周りに知れ渡っていたみたいですね
気を取り直して、大阪から再び新快速に乗り込んで京都まで(この電車は湖西線直通だったので、そのまま乗ってると琵琶湖の果てまで運ばれてしまうのです)
これだけ予定よりずれ込むと在来線のみで都内へ戻れるか怪しかったので、京都から貴族の乗り物(新幹線)を使うことに決定
愛知県だけ少し取りこぼしが気になるけどまあ実家帰ったときに回ればいいや
朝大量に食ったとはいえ、そろそろ腹が減ってきたので改札内の駅そばを食す
新幹線は特急券だけ買えばよかった。ちなみに京都から東京までは5000円かからなかったと思う
時間は16:29京都発
「さて、2時間ほどあるし山陰本線乗って京都の駅取ろうぜ!」
ステーションホリックのつきにゃんさんにはこの発想しか出てきません←
と、その時
京都で暴れていることを目ざとく見つけたはむニキが突発オフしたいというツイートをしまして
しかも最寄り駅がちょうど今から向かおうとしている方向にあるらしい
ただ嵯峨野観光鉄道の終点であるトロッコ亀岡をレーダーで取れる保津峡で引き返す予定だったので、はむニキとはそこで合流することにしました
山陰本線は面白い場所にあって、京都駅名物0番線の隣なんだけどなぜか34番線というびっくりな飛びっぷり
なしてこうなったんだろうね(ちなみにホームの番号の付け方は、通常駅長室に近いところから1番線、2番線……、とつけるそうですよ)
「安芸の小京都」竹原を見たあとだと、本物の京都はやはり都会の空気を混じってるなーという印象を受けましたが、はむニキによると河原町あたりに行けばカフェなども多くあるとのこと
伏見稲荷や鴨川も京都遠征するときは絶対行きたい
なんてことを考えながら電車は京都の街中を抜け郊外へ
長いトンネルを抜けたら、まさかの大峡谷だったよ!
保津峡駅はその峡谷にかかる橋の上にあって、大自然の壮大なスケールを味わえるスポットでした
眼下を流れる川ではカヌーだったかな、なんか川下りしている一団がいました。やべぇ、すげぇ楽しそう
反対側のホームに移動し、待つこと数分
京都へ戻る上り電車が到着。先頭車両ではむニキと合流
バイト、羊屋、ソシャゲ、京都などなど、短いながらも色んな話ができてよかったです
ちょうど羊が持っていたえろ本(狂気少女)も渡せたし
京都に戻ってからもホームでしばし歓談
一緒に写真も撮ったりして楽しい突発オフでした。また会おうな
新幹線の時間も近づいてきたので、改札でバイバイ
土産物屋ちらっと見たけど、さすが京都。八つ橋がたくさんあった
羊はダメみたいだけど
新幹線に乗り込み、つきにゃんさんは名古屋まで仮眠
愛知に入ってからは取りこぼした新駅をレーダーで回収
京都→東京までおよそ2時間ほど
18:50には到着してた。早い(在来線のみだと、どんなに頑張っても20:30過ぎだからね)
広島旅行の間、まったく上島さんに行けなかったので(そもそも店舗がなかった)、着いてすぐ東京駅八重洲口地下の上島さんに突撃
実家のような安心感
お互い翌日もまだ休みだったけど満身創痍だったので早めに解散
お疲れさまでした
[PR]
by broken-range | 2015-10-12 23:25 | 日常