羊屋湘南オフ

羊屋オフに関する行動メモ。

今回は千葉の羊に湘南を案内してあげました。
ええ、容赦なく連れ回してあげました。
つきにゃんさんと行動すると同行人がぐったりするのはなぜだろうね。不思議。

さておき、忘れないうちにブログに書き起こしておきます。

まず当日の天気から。
一週間前の時点では雨。数日前に曇りにかわり、前日の予報で晴れになるというミラクル。
……あれ、この前の書き出しと同じじゃね? ま、実際は春靄がかかって晴天というワケじゃなかったけれど、るっさまの不運を考慮すればむしろ十分すぎるといえるでしょう←
大船到着時点ではまだガスってたけどね。

集合は8:23に大船というように指定してました。
千葉からだと総武快速線で約1時間半もかかるけど容赦はしません。
セッションのことを事前に聞いていても容赦はしません。
るっさま死ぬな。
一応横浜から同じ横須賀線に乗り込みましたが、号車が違ったので合流できず。号車指定難しいよな。
結局、大船のホームで落ち合い、鎌倉江の島フリーパス(700円)を購入して鎌倉へ。
江ノ電、湘南モノレール全線と、JRの一部区間が乗り放題になるので、湘南を満喫したい方はぜひご活用くださいませ。

鎌倉駅に9時ごろ到着。
まだ人がまばらの小町通りを抜け、ヤヤちゃん家をちらっと紹介してから荏柄天神社へ。
ハナヤマタのOPやよさこい練習場所として何度か使われたところですね。
朝早いこともあって参拝者の姿はありませんでしたが、神社関係者の方が境内の掃除などをおこなっていたのでよさこいを踊るのは自重しておきました。鳴子は持ってきていたんだけどね!
きちんと参拝を済ませてから、寿福寺方面へ。
なるちゃんの家があるとされる例のトンネルも案内してあげました。
ちなみにここまでですれ違った観光客はわずか数人。
僕自身が路地裏好きというか、静かな鎌倉を味わいたい性格なので、明らかに地元民しか利用しねぇだろ!って道ばかり通りました。
案内ってその人の個性が出るよね。

さて、鎌倉駅から江ノ電で極楽寺駅へ。
ようやく正式観光コースに戻るかと思いきや、稲村ヶ崎の住宅地を突っ切るルートで鎌倉海浜公園(稲村ヶ崎地区)へ向かいました。
いやほら、せっかくだから鎌倉ならではの「狭さと広さのギャップ」を楽しんでもらいたいじゃん?(本音:地元民気分に浸りたい←
稲村ヶ崎の砂浜でバカこうせえええええ!!!と叫んでからしばしR134沿いを歩く。
七里ヶ浜高校とファーストキッチンでハナヤマタ巡礼も忘れない。
このとき「七里ヶ浜なう!」とつぶやくのは湘南に来た人の義務です。掟です。
現地でなくてもつぶやけますが、虚しさがこみ上げてくるだけなので推奨はしません。

七里ヶ浜駅から再び江ノ電乗車。江ノ島駅で降りる。
洲鼻通りは混雑している様子だったので、川沿いの道を選ぶ。
途中、浜野水産にも寄りました。知る人ぞ知るシラス直売店ですので、立ち寄る機会があればぜひ。配送もしていただけます。
営業は17:30まで。シラスは売り切れる速度がはやいので注意。沖漬ならなくなる心配はないとのこと。
ご飯との相性について語りだすと記事足りなくなりそうなので次いきます。

江の島入りは12時前。
予報では15時すぎから曇り出すとあったので、先にシーキャンドル展望台から湘南を眺めておくことにする。
仲見世通りを突っ切り、島の西側をぐるっと回りつつコッキング苑へ。
つり球とリア充の多さについて話が盛り上がりました。
後者は盛り上がったと言っていいのか? ひたすら爆ぜろと呪詛をつぶやいていたのが正解ですね。
あと江の島は階段が非常に多いです。どこ通っても高低差から逃れられません。
つきにゃんさんの体力はここで鍛えられたといっても過言ではない。
逆に、お猫様やカメはぐだーっとしてます。動いたら負けだってくらい。なにそれ杏かよ。
その姿勢は好感がもてます。働きたくないなぁ(クズ

お昼は江ノ島亭の鎌倉丼たべました。
るっさまにメニューを見せる余裕すら与えなかった。いや、マジで美味いから。
江の島のレストランに外れはないですが、ここは特にお気に入りです。しらすいくら丼や江の島丼など、飯テロ素材には困りません。
あとるっさま食うのはえぇ。今度かき揚げ食わせたら完食できるか観察したい。
食後のデザートとして、あぶらやさんにも行きました。岩屋に降りる場合は、そのあとに行ったほうが賢明です。帰りの階段がガチでつらいので。
稚児が淵では流体力学の神秘が体験できます。こう書くといかにも理系っぽいですが、ようするに油断してると波にかっさらわれる危険性があるため、くれぐれも注意しましょうということです。
台風接近の日とかマジでやべぇからな……。

で、あぶらやさんでは白玉アラ・ドーモを注文。
るっさまにメニューを見せる余裕すらry
自慢の白玉とアイスが口いっぱいに広がって、少しほてった身体にちょうどよい冷たさと甘さを与えてくれます(幸腹グラフィティ風食リポ
わかいなりさんのTARITARI巡礼ノートにも書き込みをしておきました。端から読むと超ラブラブのふたりのように見えるかもしれませんが、僕はヤヤちゃん一筋なのでごめんね、るっさま。なんでるっさまフられた感じになってんの?
ゆりちゃん×つきにゃんで「海月」、るっさま×ゆりちゃんで「海苔羊羹」だね!とか、どうでもいいカップリングの話題で盛り上がった。ま、俺くらい百合好きになると、脳内で美少女に変換できるからおk。

江島神社にて、かをりちゃんの手術成功祈願。
ホント君嘘最終回頼むぞ……。ってか今夜じゃん、こえーよ……。
るっさまが祈るとマイナス方向に作用しそうで不安が倍増しますね……。
どうせならということで、ヨットハーバーも回ってから再び鎌倉へ。
よく歩いたあとの江ノ電は寝れます。数分で夢の世界へ行きます。英語で言うと、ドリームランド。
這いよる混沌とか出てきそうだな。
由比ヶ浜駅で下車し、笹目町を通って鎌倉駅に戻る。
佐助稲荷と銭洗弁財天も案内したかったんだけど時間的にきつかった。それはまたの機会に。

若宮大路の豊島屋本店で鳩サブレーを購入。
そのまま嫁の家でソバとわらび餅をいただく。
わらび餅は独特の弾力があってオススメです。ヤヤちゃんもオススメだけど渡しません。嫁です。
ほかのヤヤちゃんファンに刺されそう。

ここまでで湘南散策終了。
横浜に戻って、ことりんの沼である上島さん(上島珈琲店)に足をつっこみました。
朝7:30から営業しているのはいいね。店内も落ち着いた感じで、暇つぶしの道具やタブレット持ち込んだら完璧に沼。
横浜周辺に4店舗も見つけてしまって、これはあかん流れですわ……。
伊勢佐木町のBOOK-OFFと、横浜西口の有隣堂もぶらぶら。
冴えカノコミックス2,3巻買いました。
ついでに羊屋の沼もいろいろ教えてもらった。なにあれ広範囲すぎて怖い。
るっさまは、楽園追放と、折れた竜骨(上)(下)買ってた。ノルマ達成だね!
なんで旅行先で書籍が増えるのかはなぞ。


こんなところかな。
るっさまの記事のリンクも張っておきます。→湘南旅行記

ではでは。

<追記>
関係ないけど、るっさまからいろいろ本を布教されました。
主にファタモルガーナの館と断章のグリム。
まだ電車の中でちらっと見ただけだけど、1ページ目から羊屋特有の空気をビシバシ感じました。
しかも書店めぐりでもあちこち見かけるという始末。
なんだ!?俺も沼へハマれということなのか!?(頭抱え
とりま、この春休みは退屈しなさそうです。
まあ、休みあけても退屈しないんだけどな。社畜つれぇ……。
では、これにて。

by broken-range | 2015-03-19 13:34 | 日常